震災後

こんな時だけど、そろそろ未来の話をしようか

震災後
定価
1650円(税込)
発売日
判型/頁
4-6/320
ISBN
9784093798242
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
人気作家が挑む、3.11以後の物語
3月11日以前と以後で、世界は一変した。この圧倒的な現実を前にして、小説に何ができるのか。『亡国のイージス』の人気作家・福井晴敏氏が、はじめて「現実」に挑んだ『週刊ポスト』連載作品である。
 東京に住む平穏な家族を、あの震災が襲った。エコ担当社員の主人公・野田圭介は、3.11以後、元防衛庁職員の父の不穏な様子や、ネットにはまる中学生の息子の心境の変化に戸惑い、翻弄されていく。大震災と原発事故に見舞われたこの国で、彼は家族の危機を乗り越えることができるのか。

あなたにオススメ!

  • 小説・震災後
  • 僕は人を殺したかもしれないが…
  • 処方箋のないクリニック
  • 十の輪をくぐる
  • コーヒーに角砂糖の男
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ