ニャンコ、戦争ヘ

ニャンコ、戦争ヘ
定価
本体1100円+税
発売日
判型/頁
B6変/34
ISBN
4093797366
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
人間たちが始めた戦争に、人間の代わりとしてネコの〈ニャンコ〉が兵士として戦場へ送り込まれたのは、〈僕〉が三歳のときだった。半年ほどして帰ってきた〈ニャンコ〉は右の眼がつぶれ、右の前足はプラスチックの義足になっていた。名誉の負傷だったので十日間の休暇を与えられた〈ニャンコ〉。そして、快復した〈ニャンコ〉は再び戦場へかり出される。その二年後に再び帰還した〈ニャンコ〉は、今度は左足も失っていた。〈僕〉は「もうこれで除隊だ。戦争に行かなくてもいいはずだ」と喜ぶが……。  次に待っていたのは更なる残酷な運命だった。  超伝奇小説の第1人者、菊地秀行が初めて挑む、大人向け絵本。

あなたにオススメ!

  • ミュシャ ぬりえファンタジー
  • この世の全部を敵に回して
  • 右の心臓
  • 八月の光・あとかた
  • 黄昏の橋
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ