逆説の日本史

逆説の日本史15 近世改革編

官僚制度と吉宗の謎

逆説の日本史15 近世改革編
定価
本体1600円+税
発売日
判型/頁
4-6/416
ISBN
9784093796859
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
『週刊ポスト』誌上で大好評連載の歴史ノンフィクション『逆説の日本史』の単行本化。第15巻では主に「八代将軍吉宗」と「田沼意次」を取り上げます。六代家宣から家継を経て、八代吉宗が将軍になるまでは日本史上有数のミステリーであるとして、その「強運」の数々を検証。「名君」と呼ばれる吉宗ですが、経済の運営者としては「下の下」である「バカ殿」であることを示し、「享保の改革」が本当に「改革」であったのかを検証します。  また、「稀代のワル」そして「賄賂の帝王」と言われる田沼意次の「賄賂伝説」はデッチ上げられたもので、その烙印を押された背景には「儒学」があると分析。実は有能であった彼の虚像と実像に迫ります。

あなたにオススメ!

  • 逆説の日本史 15 近世改革…
  • ビジュアル版 逆説の日本史 …
  • 逆説の日本史 21 幕末年代…
  • [ビジュアル版] 逆説の日本…
  • 日本の歴史 幕府の改革
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31