逆説の日本史

逆説の日本史13 近世展開編

江戸文化と鎖国の謎

逆説の日本史13 近世展開編
定価
本体1600円+税
発売日
判型/頁
4-6/362
ISBN
4093796831
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
300万部突破の大人気シリーズ最新刊。今回は、徳川幕府が展開していく過程と、戦国文化がどのように変遷していったかを取り上げます。  家康のやったことは、「戦国日本」を真の意味で「リストラ」することでした。今の日本では「リストラ=首切り」の意味になっていますが、本来の原語(restructuring)は、組織の事業内容を「再編成」することによって立て直すこと。家康はそれをやりました。改めて、家康が持っていた多面性、時代に即した面に光を当て、今まで見落とされていた新たな徳川家康像を提示し、その天才性がどこにあったのかを浮き彫りにします。そして、茶の湯や能、歌舞伎などの戦国文化が江戸時代、どのように変質していったかを考察。中国儒教についても取り上げ、靖国問題の背景についても分析します。

あなたにオススメ!

  • 逆説の日本史 13 近世展開…
  • 逆説の日本史16 江戸名君編
  • 逆説の日本史12 近世暁光編…
  • 逆説の日本史 15 近世改革…
  • 日本の近代 猪瀬直樹著作集3…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728