十津川警部 哀しみの余部鉄橋

十津川警部 哀しみの余部鉄橋
定価
本体800円+税
発売日
判型/頁
新書/256
ISBN
4093796548
公式サイト全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
ベストセラー街道を疾走し続ける “西村京太郎トラベルミステリー"の最新作。丸ごと1冊十津川警部シリーズの魅力満載―。  新宿のクラブホステスが絞殺された。捜査線上に浮かんだのは、なんと新宿署の警部だった。それも十津川警部の同期……。虚飾の街に絡めとられた男の行末を描く表題作「哀しみの余部鉄橋」をはじめとして「十津川、民謡を唄う」「北の空 悲しみの唄」「北への殺人ルート」の4作を収録。“人生は愛と友情と裏切りだ"。行間から哀感にじみ出る西村ミステリーの真骨頂がここにある。

あなたにオススメ!

  • 十津川警部 哀しみの余部鉄橋…
  • 十津川警部 ある女への挽歌〔…
  • 十津川警部 十津川村天誅殺人…
  • 冬休みの誘拐、夏休みの殺人(…
  • 無罪
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ