すぐばれるようなやり方で変節してしまう人々

すぐばれるようなやり方で変節してしまう人々
定価
本体1500円+税
発売日
判型/頁
4-6/240
ISBN
4093794472
公式サイト
〈 書籍の内容 〉
“上流だろうが下流だろうが、面白い人は面白い"―「作家修行を始めた頃、私は作家になれれば、後は全くどうでもよかった。差別され、卑しめられることなど何ほどのことでもない。誰が侮蔑しようとも、その道はひっそりと輝いているという矜持と確信があった。そういった矜持はどこへ行ったのだろう。人の評価など、すべて相対的なものに過ぎないのに」(本文より)―現代日本が抱える様々な問題、国政、外交、人権、メディア、老化、貧困などをテーマにあげ、卓越した批評眼によりやせ細りするニッポンの病巣を摘出する。“この国に明日はあるのか?"を鋭く問いかける警世のエッセイ集・週刊ポスト連載「昼寝するお化け」の第七弾。

あなたにオススメ!

  • 謝罪の時代
  • 国を愛する心
  • 日本の信義
  • 日米開戦の真実
  • 日本衆愚社会
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ