日本の古典をよむ

日本の古典をよむ(19) 雨月物語・冥途の飛脚・心中天の網島

日本の古典をよむ(19) 雨月物語・冥途の飛脚・心中天の網島
定価
本体1800円+税
発売日
判型/頁
4-6/330
ISBN
9784093621892
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
江戸時代、上方に生まれた屈指のストーリーテラー、上田秋成と近松門左衛門の傑作を収録。秋成は、人の執念の怖さを怪異小説『雨月物語』に描いた。義兄弟の契りを交わした兄が死霊となって会いに来る「菊花の約」、長期の不在の後、帰郷した夫が妻の幽霊と一夜を過ごす「浅茅が宿」、不実な夫を恨んで死んだ妻が恐るべき復讐を遂げる「吉備津の釜」、愛する童子の死肉を喰らい鬼となった僧が悟りを得る「青頭巾」の四編を収載。対して近松は、人の心の弱さが生む悲劇を浄瑠璃に語った。遊女買いに店の金を使い込んだ果ての逃避行『冥途の飛脚』、妻と愛人の間で義理と人情の板ばさみとなり、ついに凄惨な心中を遂げる『心中天の網島』を収載。

あなたにオススメ!

  • 新編 日本古典文学全集74・…
  • 新編 日本古典文学全集75・…
  • 新編 日本古典文学全集78・…
  • 新編 日本古典文学全集77・…
  • 新編 日本古典文学全集22・…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728