日本の古典をよむ

日本の古典をよむ(8) 枕草子

日本の古典をよむ(8) 枕草子
定価
本体1800円+税
発売日
判型/頁
4-6/330
ISBN
9784093621786
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
日本古典文学のベストセラーが現代語訳と原文でよめる『日本の古典をよむ』シリーズ第4回配本。  平安時代、一つの不可思議な作品が生れた。宮中の出来事から折々の風物、はては好きなもの嫌なものまでを、独自の視点と斬新なセンスで綴った新奇にして斬新なその作品は、『枕草子』と名付けられ、「随筆」と呼ばれるジャンルの夜明けを告げるものとなった。  おなじみの「春はあけぼの」、お気に入りのものを綴った「うつくしきもの」、昇進できなかった人々の姿は興ざめだと描く「すさまじきもの」、自分の教養の自慢話など、その多種多様にして不可思議な世界は、千変万化の味わい――まるで言葉の玉手箱。平安時代のエスプリを、ぜひお楽しみください。

あなたにオススメ!

  • 新編 日本古典文学全集19・…
  • 新編 日本古典文学全集39・…
  • 新編 日本古典文学全集78・…
  • 新編 日本古典文学全集22・…
  • 新編 日本古典文学全集86・…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728