源氏物語 7 第7巻

初音・胡蝶・蛍・常夏・篝火・野分

源氏物語 7 第7巻
定価
本体1600円+税
発売日
判型/頁
4-6/250
ISBN
4093620873
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
最新・最高の注釈書で「新編日本古典文学全集」が待望のハンディ版に!
栄華をきわめる光源氏は、六条院に愛する女性たちを集め、歌や音楽に、華麗な生活の日々をおくる。政治的にも恋愛的にも絶頂をきわめる光源氏を描く第7巻は、世に「玉鬘十帖」と呼ばれる巻々をふくむ。しかし、作者・紫式部の冷徹な筆は、のちの不和とトラブルの種を、細かに描きだしていく。娘としてひきとった玉鬘への、源氏の道にはずれた愛情。それに悩む玉鬘。彼女に憧れる弟・蛍宮に、わざと蛍の光にうかびあがる彼女の麗姿を見せる有名な場面。花散里・雲居雁・近江の君ら、印象的な姫君の姿…。  最愛の人・紫の上との確執。その紫の上をかいま見て、その美しさに圧倒されほのかに思う、源氏の子・夕霧。様々なエピソードを通して、この長大な物語は、ひとつのクライマックスを迎える。第7巻には、初音・胡蝶・蛍・常夏・篝火・野分、第8巻には、行幸・藤袴・真木柱・梅枝・藤裏葉を収録。原文・注・現代語訳が同一見開きにおさまり、誰でも無理なく読み通すことができます。現在最高の注釈書と定評のある「新編日本古典文学全集」版『源氏物語』全6冊を、携帯に便利なハンディ版全16冊に、編集しなおしたものです。毎月2冊ずつ刊行で、10月に全16冊完結・各巻1680円(税込)です。
〈 電子版情報 〉
源氏物語 7 古典セレクション
Jp-e : 093620870000d0000000
学校やカルチャーで、テキスト利用に最適と大好評のハンディ版『源氏物語』。原文・注・現代語訳が同一見開きにおさまり、はじめて読む方でも無理なく読みとおせます。第7巻には、初音・胡蝶・蛍・常夏・篝火・野分を収録。

※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字サイズだけを拡大・縮小することはできませんので、予めご了承ください。 試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

あなたにオススメ!

  • 源氏物語(中)
  • 源氏物語 中
  • 新編 日本古典文学全集22・…
  • 新編 日本古典文学全集23・…
  • 六条御息所 源氏がたり 三、…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ