P+D BOOKS

若い詩人の肖像

若い詩人の肖像
定価
935円(税込)
発売日
判型/頁
B6判/404
ISBN
9784093524292

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/12/09
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
詩人の懊悩と成長を描いた青春の記録
「『若い詩人の肖像』は著者の青年時代を描いた自伝小説である。多少伏せたところや作ったところもあり、人名も仮りの名にしたものがあるが、大部分は事実に即している。」(著者あとがきより)
 詩人や小説家として活躍し、数々の名作を世に送り出した伊藤整。その小樽高等商業学校時代から、卒業して中学の英語教師になり、東京商科大学(一橋大学の前身)に入学する頃までの、恋愛、同人誌創刊、詩作、若い作家たちとの交流などを生き生きと描写した一冊。
 小林多喜二、川崎愛(左川ちか)、北川冬彦、梶井基次郎らが実名で登場し、著者の詩にかける意気込みとともに、当時の詩壇の様子が垣間見える好著。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 若い詩人の肖像
Jp-e : 093524290000d0000000
詩人の懊悩と成長を描いた青春の記録。

「『若い詩人の肖像』は著者の青年時代を描いた自伝小説である。多少伏せたところや作ったところもあり、人名も仮りの名にしたものがあるが、大部分は事実に即している。」(著者あとがきより)
 詩人や小説家として活躍し、数々の名作を世に送り出した伊藤整。その小樽高等商業学校時代から、卒業して中学の英語教師になり、東京商科大学(一橋大学の前身)に入学する頃までの、恋愛、同人誌創刊、詩作、若い作家たちとの交流などを生き生きと描写した一冊。
 小林多喜二、川崎愛(左川ちか)、北川冬彦、梶井基次郎らが実名で登場し、著者の詩にかける意気込みとともに、当時の詩壇の様子が垣間見える好著。

あなたにオススメ!

  • 黄金の樹
  • 悲しみの港 上
  • 春の道標
  • 前途
  • 十の輪をくぐる
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ