P+D BOOKS

つむじ風(上)

つむじ風(上)
ためし読み
定価
880円(税込)
発売日
判型/頁
B6判/370
ISBN
9784093524162

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/05/13
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
金の亡者たちの滑稽な争いを描いた傑作
 クルマに跳ね飛ばされたらしい、ちょっと変わった青年・松平陣太郎を自宅に連れ帰った浅利圭介。失業中で妻から尻を叩かれっぱなしの圭介は、目撃したナンバープレートを手掛かりに一発逆転を狙っていた。しかし、ボーっとしていると思われた陣太郎が意外としたたかで、徳川家の末裔を名乗り、賠償金を巡る工作の主導権を握りはじめる。
 加害者として浮上したのは、公衆浴場の主人と流行作家の2名。そこに浴場同士の争いや作家の美人秘書、浴場主人の愛人らが絡んできて……。
 渥美清主演で映画化もされたユーモア小説の前編。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS つむじ風(上)
Jp-e : 093524160000d0000000
金の亡者たちの滑稽な争いを描いた傑作。

 クルマに跳ね飛ばされたらしい、ちょっと変わった青年・松平陣太郎を自宅に連れ帰った浅利圭介。失業中で妻から尻を叩かれっぱなしの圭介は、目撃したナンバープレートを手掛かりに一発逆転を狙っていた。しかし、ボーっとしていると思われた陣太郎が意外としたたかで、徳川家の末裔を名乗り、賠償金を巡る工作の主導権を握りはじめる。
 加害者として浮上したのは、公衆浴場の主人と流行作家の2名。そこに浴場同士の争いや作家の美人秘書、浴場主人の愛人らが絡んできて……。
 渥美清主演で映画化もされたユーモア小説の前編。

あなたにオススメ!

  • 金環蝕(下)
  • 加田伶太郎 作品集
  • 金環蝕(上)
  • 裏ヴァージョン
  • 記念碑
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ