P+D BOOKS

貝がらと海の音

貝がらと海の音
ためし読み
定価
660円(税込)
発売日
判型/頁
B6判/352
ISBN
9784093524087

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/01/14
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
老夫婦の穏やかでかけがえのない日々を描く
「もうすぐ結婚五〇年の年を迎えようとしている夫婦がどんな日常生活を送っているかを書いてみたい」(あとがきより)――。庭に咲く四季折々の花々、かわいい孫たちの成長、ご近所さんが届けてくれる季節の風物など、作者の身のまわりの何気ない日常を、まるで花を育てるように丹念に描く。
「棚からものが落ちてきても、すぐには反応できない」「歩くスピードが明らかに落ちた」などという老いの兆候も、戸惑いながらも受け入れ、日常の一コマとして消化していく。事件らしい事件は何も起こらないが、些細な驚きの積み重ねで読み応えある文学作品にしてしまう、まさに庄野潤三の世界。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 貝がらと海の音
Jp-e : 093524080000d0000000
老夫婦の穏やかでかけがえのない日々を描く。

「もうすぐ結婚五〇年の年を迎えようとしている夫婦がどんな日常生活を送っているかを書いてみたい」(あとがきより)――。庭に咲く四季折々の花々、かわいい孫たちの成長、ご近所さんが届けてくれる季節の風物など、作者の身のまわりの何気ない日常を、まるで花を育てるように丹念に描く。
「棚からものが落ちてきても、すぐには反応できない」「歩くスピードが明らかに落ちた」などという老いの兆候も、戸惑いながらも受け入れ、日常の一コマとして消化していく。事件らしい事件は何も起こらないが、些細な驚きの積み重ねで読み応えある文学作品にしてしまう、まさに庄野潤三の世界。

あなたにオススメ!

  • 鉛筆印のトレーナー
  • さくらんぼジャム
  • エイヴォン記
  • 天上の花・蕁麻の家
  • わが心のジェニファー
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ