P+D BOOKS

ある女の遠景

ある女の遠景
ためし読み
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
B6判/448
ISBN
9784093524049

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/11/12
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
理性では割り切れない愛欲の強さを描く
 維子の敬愛する叔母・伊勢子は、軍需工場の社長でのちに政治家になる泉中紋哉の愛人だった。紋哉は、妻と別れて伊勢子と一緒になる、といいながら、一向に実行する気配がない。そのうち、伊勢子は和泉式部伝説の残る東北の温泉で自死してしまう。維子は紋哉に恨みを抱くが、同時に自分勝手で男くさい紋哉に次第に心惹かれていき――。
 伊勢子の日記に描かれていた過去と、やはり夫のある身で愛欲におぼれた和泉式部のそれを照らし合わせながら、維子の生き方を赤裸々に描いた、第5回毎日芸術賞受賞作品。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS ある女の遠景
Jp-e : 093524040000d0000000
理性では割り切れない愛欲の強さを描く。

 維子の敬愛する叔母・伊勢子は、軍需工場の社長でのちに政治家になる泉中紋哉の愛人だった。紋哉は、妻と別れて伊勢子と一緒になる、といいながら、一向に実行する気配がない。そのうち、伊勢子は和泉式部伝説の残る東北の温泉で自死してしまう。維子は紋哉に恨みを抱くが、同時に自分勝手で男くさい紋哉に次第に心惹かれていき――。
 伊勢子の日記に描かれていた過去と、やはり夫のある身で愛欲におぼれた和泉式部のそれを照らし合わせながら、維子の生き方を赤裸々に描いた、第5回毎日芸術賞受賞作品。

あなたにオススメ!

  • 廻廊にて
  • 天上の花・蕁麻の家
  • 三匹の蟹
  • 剣ヶ崎・白い罌粟
  • 十の輪をくぐる
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ