P+D BOOKS

北の河

北の河
ためし読み
定価
本体500円+税
発売日
判型/頁
B6判/224
ISBN
9784093523929

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/06/11
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
戦争ですべてを失った母の絶望と孤独
 昭和20年、すでに夫を喪い、家も戦火に焼かれてしまった母子が、遠縁を頼って東北の寒村に身を寄せる。だが、そこは安住の地ではなかった。
 頼るべき知己もおらず、終戦後は都会に戻るという希望も断ち切られ、迫りくる厳しい冬を前に、母は自ら死を選ぶ……。ノンフィクション作品のような感情を抑えた筆致が、かえって読む人の想像を掻き立てる。
 第54回芥川賞に輝いた表題作のほか、やはり身近な人の死をテーマにした「夏の日の影」「霧の湧く谷」、大学の二部に通う学生たちの葛藤を描いた「浅い眠りの夜」の三篇を収録。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 北の河
Jp-e : 093523920000d0000000
戦争ですべてを失った母の絶望と孤独。

 昭和20年、すでに夫を喪い、家も戦火に焼かれてしまった母子が、遠縁を頼って東北の寒村に身を寄せる。だが、そこは安住の地ではなかった。
 頼るべき知己もおらず、終戦後は都会に戻るという希望も断ち切られ、迫りくる厳しい冬を前に、母は自ら死を選ぶ……。ノンフィクション作品のような感情を抑えた筆致が、かえって読む人の想像を掻き立てる。
 第54回芥川賞に輝いた表題作のほか、やはり身近な人の死をテーマにした「夏の日の影」「霧の湧く谷」、大学の二部に通う学生たちの葛藤を描いた「浅い眠りの夜」の三篇を収録。

あなたにオススメ!

  • 前途
  • プレオー8の夜明け
  • 記念碑
  • 私生活
  • 14歳、明日の時間割
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ