P+D BOOKS

時の扉(下)

時の扉(下)
ためし読み
定価
本体600円+税
発売日
判型/頁
B6判/352
ISBN
9784093523905

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/05/14
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
時の流れに負けない遺跡に「生」を見いだす
 かつての恋人を自殺に追いやってしまった罪の思いを一身に背負い、北海道の寒村で禁欲生活を続けていた矢口忍。だが、友人の誘いで赴いたシリアで、生と死が隣り合わせの砂漠の生活や、砂に埋もれそうになってもなお輝きを放つ遺跡を目の当たりにし、「生きる」ことの意味を捉え直そうとしていた。そんなとき、矢口はフランスの発掘隊に参加していた日本人女性、鬼塚しのぶと出会う。どことなくかつての恋人を彷彿とさせる彼女には、ある秘密があった――。
 1976~77年に「毎日新聞」に連載された、「愛とは何か」「生きるとは何か」を鋭く、深く問う傑作長編小説の下巻。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 時の扉(下)
Jp-e : 093523900000d0000000
時の流れに負けない遺跡に「生」を見いだす。

 かつての恋人を自殺に追いやってしまった罪の思いを一身に背負い、北海道の寒村で禁欲生活を続けていた矢口忍。だが、友人の誘いで赴いたシリアで、生と死が隣り合わせの砂漠の生活や、砂に埋もれそうになってもなお輝きを放つ遺跡を目の当たりにし、「生きる」ことの意味を捉え直そうとしていた。そんなとき、矢口はフランスの発掘隊に参加していた日本人女性、鬼塚しのぶと出会う。どことなくかつての恋人を彷彿とさせる彼女には、ある秘密があった――。
 1976~77年に「毎日新聞」に連載された、「愛とは何か」「生きるとは何か」を鋭く、深く問う傑作長編小説の下巻。

あなたにオススメ!

  • 十字街
  • 別れる理由 5
  • 父・山口瞳自身
  • 遠い旅・川のある下町の話
  • 今日の空が一番好き、とまだ言…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31