P+D BOOKS

父・山口瞳自身

息子が語る家族ヒストリー

父・山口瞳自身
ためし読み
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
B6判/560
ISBN
9784093523875

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/03/12
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
山口瞳の実像を長男・正介が初めて描く。
 直木賞受賞作『江分利満氏の優雅な生活』をはじめとする数々の名作小説や、世相を鋭く切り取るエッセイなどを世に送り出した山口瞳。
 その長男・山口正介が、父・山口瞳の作品に向かう姿勢や葛藤、家族との関係などを、これまで作品では絶対に書いてこなかった封印してきたエピソードまですべてを明らかにする。
 一度も休載することなく「週刊新潮」に1614回に亘って連載されたコラム「男性自身」や『江分利満氏』シリーズなどが書かれた背景をはじめ、文壇や学友、終の棲家・国立の人々との交流、女性関係や隣家とのトラブルなどなど、“息子"でなければ書き得ない仰天エピソードが満載。
 小学館から配信されている『山口瞳電子全集』(全26巻)の各巻で、回想録「草臥山房通信」として掲載された内容を大幅に加筆・修正した。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 父・山口瞳自身 ~息子が語る家族ヒストリー~
Jp-e : 093523870000d0000000
山口瞳の実像を長男・正介が初めて描く。

 直木賞受賞作『江分利満氏の優雅な生活』をはじめとする数々の名作小説や、世相を鋭く切り取るエッセイなどを世に送り出した山口瞳。
 その長男・山口正介が、父・山口瞳の作品に向かう姿勢や葛藤、家族との関係などを、これまで作品では絶対に書いてこなかった封印してきたエピソードまですべてを明らかにする。
 一度も休載することなく「週刊新潮」に1614回に亘って連載されたコラム「男性自身」や『江分利満氏』シリーズなどが書かれた背景をはじめ、文壇や学友、終の棲家・国立の人々との交流、女性関係や隣家とのトラブルなどなど、“息子"でなければ書き得ない仰天エピソードが満載。
 小学館から配信されている『山口瞳電子全集』(全26巻)の各巻で、回想録「草臥山房通信」として掲載された内容を大幅に加筆・修正した。

あなたにオススメ!

  • 江分利満氏の優雅で華麗な生活
  • 山口瞳 電子全集1 『男性自…
  • 血族
  • 山口瞳 電子全集10 196…
  • 山口瞳 電子全集9 初期~1…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ