P+D BOOKS

私版 京都図絵

私版 京都図絵
ためし読み
定価
本体500円+税
発売日
判型/頁
B6判/192
ISBN
9784093523820

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2020/01/09
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
作家人生の礎となった地を、随筆と絵で辿る
『雁の寺』『五番町夕霧楼』『金閣炎上』他、京都を舞台にした水上作品はいかにして生まれたか――。

僅か九歳で京都の寺に預けられた著者が、精神形成期を過ごしたこの地を、《愛憎もつれあって、悲しみも喜びも、吸いこんでいるつめたい土壌の街だけれども、いつまでたっても、この古都は私から消えぬ。》と綴る。

往時を回想しながら六孫王神社、五番町遊廓、今宮神社、相国寺塔頭瑞春院、衣笠山等持院、東山二条産寧坂、千本丸太町、保津峡、嵯峨鳥居本、大原桂徳院と十の地を巡り、自ら絵筆を揮い、街々の景色を描いた挿絵も掲載。
〈 目次をみる 〉
六孫王神社界隈
五番町遊廓附近
今宮神社界隈
相国寺塔頭瑞春院
衣笠山等持院
東山二条 産寧坂
千本丸太町附近
保津峡曲り淵
嵯峨鳥居本界隈
大原桂徳院界隈
京の人びと 京の風光
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 私版 京都図絵
Jp-e : 093523820000d0000000
作家人生の礎(いしずえ)となった地を、随筆と絵で辿る。

『雁の寺』『五番町夕霧楼』『金閣炎上』他、京都を舞台にした水上作品はいかにして生まれたか――。

僅か九歳で京都の寺に預けられた著者が、精神形成期を過ごしたこの地を、《愛憎もつれあって、悲しみも喜びも、吸いこんでいるつめたい土壌の街だけれども、いつまでたっても、この古都は私から消えぬ。》と綴る。

往時を回想しながら六孫王神社、五番町遊廓、今宮神社、相国寺塔頭瑞春院、衣笠山等持院、東山二条産寧坂、千本丸太町、保津峡、嵯峨鳥居本、大原桂徳院と十の地を巡り、自ら絵筆を揮い、街々の景色を描いた挿絵も掲載。

あなたにオススメ!

  • 裏ヴァージョン
  • 五番町夕霧楼
  • 風土
  • 記憶の断片
  • 宮尾登美子 電子全集2『陽暉…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ