P+D BOOKS

別れる理由 6

別れる理由 6
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
B6判/464
ISBN
9784093523806

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/12/12
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
実在の小説家たちを巻き込んだ混沌の結末
前巻で、主人公・前田永造と『別れる理由』の作者が電話で延々と語り合うシーンが描かれたかと思えば、場面は急に作者が出席したパーティ会場に移る。そこには永造のほか、藤枝静男、柄谷行人、大庭みな子といった実在する小説家、評論家たちがおり、愛と性、文学、哲学などについてのとりとめもない会話が展開される。

挙げ句、連載されていた雑誌「群像」の編集長が作者に話を早く進めるよう促すなか、「『月山』の作者」という人物(森敦)が登場し、物語はいよいよクライマックスへ――。

第38回日本芸術院賞、第35回野間文芸賞を受賞した小島信夫“執念の大作"最終刊。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 別れる理由6
Jp-e : 093523800000d0000000
実在の小説家たちを巻き込んだ混沌の結末。

前巻で、主人公・前田永造と『別れる理由』の作者が電話で延々と語り合うシーンが描かれたかと思えば、場面は急に作者が出席したパーティ会場に移る。そこには永造のほか、藤枝静男、柄谷行人、大庭みな子といった実在する小説家、評論家たちがおり、愛と性、文学、哲学などについてのとりとめもない会話が展開される。

挙げ句、連載されていた雑誌「群像」の編集長が作者に話を早く進めるよう促すなか、「『月山』の作者」という人物(森敦)が登場し、物語はいよいよクライマックスへ――。

第38回日本芸術院賞、第35回野間文芸賞を受賞した小島信夫“執念の大作"最終刊。

あなたにオススメ!

  • 女誡扇綺譚・田園の憂鬱
  • 悲しみの港 下
  • 悲しみの港 上
  • ア・ルース・ボーイ
  • 鳩の撃退法 下
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ