P+D BOOKS

別れる理由 1

別れる理由 1
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
B6判/448
ISBN
9784093523714
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
姦通をテーマに“愛のカオス"を描いた大作
“第三の新人"を代表する作家・小島信夫が、文芸誌「群像」に1968年10月から1981年3月まで、全150回に亘って連載した“執念の大作"ともいえる全6巻の序章。

第1巻には第1~22話までを収録。幻想のごとき脆い夫婦関係を描いた名作『抱擁家族』から17年を経て、主人公は三輪俊介から前田永造と変貌したが、本作でも「姦通」をテーマに据えている。

夫婦の愛、男女の愛、人間の愛のカオスを複層的、かつエネルギッシュに描き、伝統的な小説の手法を根底から粉砕した文学世界が展開される。第38回日本芸術院賞、第35回野間文芸賞を受賞。

あなたにオススメ!

  • 快楽 (上)
  • 冥府山水図・箱庭
  • 悲しみの港 上
  • 風土
  • 抱擁/この世でいちばん冴えた…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30