P+D BOOKS

白く塗りたる墓・もう一つの絆

高橋和巳未完作品集

白く塗りたる墓・もう一つの絆
ためし読み
定価
本体600円+税
発売日
判型/頁
B6判/368
ISBN
9784093523646

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/05/10
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
団塊世代のバイブルだった著者の未完作品撰
「白く塗りたる墓」は、1960年代の高度成長期における公害汚染や原子力発電所の安全などの社会問題をベースに、報道機関の公器性や良心を問うた意欲作。

TVカメラの持つ同時性から一躍花形産業となったTV報道の視座をフィルターにして、現実と報道との葛藤に苦悩するテレビマンの狂気と孤独もドラマティックに描いている。

もう1作は、ニヒリストの医者の堕落と病院に関わる人間の業を描いた「もう一つの絆」。共に第1部までの未完作であるが、著者の新境地ともいえる作品で、現代に連なる荒廃を予見している秀作である。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 白く塗りたる墓・もう一つの絆 ~高橋和巳未完作品集~
Jp-e : 093523640000d0000000
団塊世代のバイブルだった著者の未完作品撰。

「白く塗りたる墓」は、1960年代の高度成長期における公害汚染や原子力発電所の安全などの社会問題をベースに、報道機関の公器性や良心を問うた意欲作。

TVカメラの持つ同時性から一躍花形産業となったTV報道の視座をフィルターにして、現実と報道との葛藤に苦悩するテレビマンの狂気と孤独もドラマティックに描いている。

もう1作は、ニヒリストの医者の堕落と病院に関わる人間の業を描いた「もう一つの絆」。共に第1部までの未完作であるが、著者の新境地ともいえる作品で、現代に連なる荒廃を予見している秀作である。

あなたにオススメ!

  • 黄昏の橋
  • 虚構の家
  • フランドルの冬
  • 辻音楽師の唄
  • 冥府山水図・箱庭
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ