P+D BOOKS

時代屋の女房

時代屋の女房
ためし読み
定価
本体500円+税
発売日
判型/頁
B6判/192
ISBN
9784093523622

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/04/12
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
骨董屋を舞台に愛と人情を描いた直木賞作品
銀色の日傘をくるくる回しながら子猫のアブサンと夏の盛りにふらっとやってきた真弓が、「時代屋」の女房として居着いたのは5年前のことだった。

東京は大井町の一隅にある骨董屋を舞台に、男女の淡く切ない恋情と、市井の人々との心温まる日常を味わい深く描いて第87回直木賞を受賞した「時代屋の女房」。

後に映画化もされ話題を呼んだ秀作と、追われた男と不思議な2人の老人、匿われていた女の“仮名の男女"が演じ合う夢幻劇のようなひと夏の出来事を描いた「泪橋」、著者による新たなあとがきも併せて収録。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 時代屋の女房
Jp-e : 093523620000d0000000
骨董屋を舞台に愛と人情を描いた直木賞作品。

銀色の日傘をくるくる回しながら子猫のアブサンと夏の盛りにふらっとやってきた真弓が、「時代屋」の女房として居着いたのは5年前のことだった。

東京は大井町の一隅にある骨董屋を舞台に、男女の淡く切ない恋情と、市井の人々との心温まる日常を味わい深く描いて第87回直木賞を受賞した「時代屋の女房」。

後に映画化もされ話題を呼んだ秀作と、追われた男と不思議な2人の老人、匿われていた女の“仮名の男女"が演じ合う夢幻劇のようなひと夏の出来事を描いた「泪橋」、著者による新たなあとがきも併せて収録。

あなたにオススメ!

  • 辻音楽師の唄
  • 強力伝
  • 悲しみの港 上
  • 江分利満氏の優雅で華麗な生活
  • 夏の情婦
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ