P+D BOOKS

水の都

水の都
ためし読み
定価
本体600円+税
発売日
判型/頁
B6判/336
ISBN
9784093523509

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/11/09
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
大阪商人の“市井文化と歴史"を描いた秀作
熟年主人公の「私」は大阪府出身ながら生家は郊外にあり、家庭を持ってからは東京暮らしとあって、大阪の街について、実はよく知らない。そこで「私」は妻の従弟にあたる「悦郎さん」に会い、昔日の大阪を語って貰おうと会いに出かける。

明治・大正・昭和の3代にわたる大阪商人の日常を丹念に聞き取ることで、“水の都"の移り変わりが匂い立つように浮かび上がってくる。淡いファンタジーの如く、さまざまな市井の人々の営みが生き生きと描かれた“第三の新人"庄野潤三の秀作だ。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 水の都
Jp-e : 093523500000d0000000
大阪商人の“市井文化と歴史"を描いた秀作。

熟年主人公の「私」は大阪府出身ながら生家は郊外にあり、家庭を持ってからは東京暮らしとあって、大阪の街について、実はよく知らない。そこで「私」は妻の従弟にあたる「悦郎さん」に会い、昔日の大阪を語って貰おうと会いに出かける。

明治・大正・昭和の3代にわたる大阪商人の日常を丹念に聞き取ることで、“水の都"の移り変わりが匂い立つように浮かび上がってくる。淡いファンタジーの如く、さまざまな市井の人々の営みが生き生きと描かれた“第三の新人"庄野潤三の秀作だ。

あなたにオススメ!

  • 前途
  • 舌出し天使・遁走
  • プレオー8の夜明け
  • 黄金の樹
  • 大世紀末サーカス
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ