P+D BOOKS

黄昏の橋

黄昏の橋
ためし読み
定価
本体600円+税
発売日
判型/頁
B6判/368
ISBN
9784093523356

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2018/05/11
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
全共闘世代のバイブルだった高橋和巳の長編
博物館に勤める青年・時枝正和は機動隊と学生の衝突で、一人の学生が橋から転落する様を偶然目撃する。

煩雑な人間社会から逃れるように古美術世界に沈潜していた時枝だったが、この出来事により、閉ざしてきた外界に対する怒りと悲しみが再び覚醒する。事故死と報道された学生の死――だが、時枝は死んだ学生のガールフレンドに会い、事件の深層に迫ろうとするのだった。

全共闘世代に多大な影響を与え、早世した作家・高橋和巳が、その晩年、理想と現実に引き裂かれる内面の荒野を描き、未完のまま絶筆した長編小説の復刻。

〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 黄昏の橋
Jp-e : 093523350000d0000000
全共闘世代のバイブルだった高橋和巳の長編。

博物館に勤める青年・時枝正和は機動隊と学生の衝突で、一人の学生が橋から転落する様を偶然目撃する。

煩雑な人間社会から逃れるように古美術世界に沈潜していた時枝だったが、この出来事により、閉ざしてきた外界に対する怒りと悲しみが再び覚醒する。事故死と報道された学生の死――だが、時枝は死んだ学生のガールフレンドに会い、事件の深層に迫ろうとするのだった。

全共闘世代に多大な影響を与え、早世した作家・高橋和巳が、その晩年、理想と現実に引き裂かれる内面の荒野を描き、未完のまま絶筆した長編小説の復刻。

あなたにオススメ!

  • 堕落
  • 黄金の樹
  • 死刑囚 永山則夫
  • われら戦友たち
  • 快楽 (上)
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ