P+D BOOKS

鞍馬天狗 4 雁のたより

鶴見俊輔セレクション

鞍馬天狗 4 雁のたより
ためし読み
定価
本体600円+税
発売日
判型/頁
B6判/384
ISBN
9784093523196

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2017/11/10
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
鞍馬天狗が鉄砲鍛冶失踪事件の陰謀を暴く!
江戸の鉄砲鍛冶が次々と行方不明になる奇怪な事件が頻発。柳橋芸者の小吉から経緯を聞いた鞍馬天狗は、事件の裏になにか大がかりな陰謀があると睨む。

黒椿を愛でる謎の幻庵老人、相川の佐渡奉行から今は老中となった松平主計介、佐渡視察に行って命を落とした大目付・志村織部らが江戸情緒たっぷりの舞台で蠢く中、遂に鞍馬天狗は思わぬ獲物をとらえることとなる。

時代小説の名作「鞍馬天狗」から、評論家・鶴見俊輔が厳選した傑作シリーズの第4弾。解説も鶴見俊輔が特別寄稿。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 鞍馬天狗 4 雁のたより
Jp-e : 093523190000d0000000
鞍馬天狗が鉄砲鍛冶失踪事件の陰謀を暴く!

江戸の鉄砲鍛冶が次々と行方不明になる奇怪な事件が頻発。柳橋芸者の小吉から経緯を聞いた鞍馬天狗は、事件の裏になにか大がかりな陰謀があると睨む。

黒椿を愛でる謎の幻庵老人、相川の佐渡奉行から今は老中となった松平主計介、佐渡視察に行って命を落とした大目付・志村織部らが江戸情緒たっぷりの舞台で蠢く中、遂に鞍馬天狗は思わぬ獲物をとらえることとなる。

時代小説の名作「鞍馬天狗」から、評論家・鶴見俊輔が厳選した傑作シリーズの第4弾。解説も鶴見俊輔が特別寄稿。

※この鞍馬天狗シリーズは12月まで5冊、毎月連続で発刊予定です。
なお、この作品は2000年に発刊された小学館文庫を底本とした電子版と同じ内容になっています。

あなたにオススメ!

  • 幻妖桐の葉おとし
  • 親鸞 7 善鸞の巻(下)
  • 親鸞 6 善鸞の巻(上)
  • 親鸞 5 越後・東国の巻(下…
  • 斬奸状は馬車に乗って
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ