都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト

都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト
ためし読み
定価
本体550円+税
発売日
判型/頁
B6判/320
ISBN
9784093522892

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/12/09
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
澁澤が最後に描いた“偏愛の世界“随筆集
少女、鉱物、交友、幻想、書物――1987年夏、咽頭癌が原因で惜しまれつつも帰らぬ人となった澁澤龍彦が、その晩年に表題作だけが定められた一冊のエッセイ集刊行を約していた。

晩年の澁澤のエッセイを元に編まれた、文字通り「最後の著作」には、鬼才が偏愛した世界が珠玉のように散りばめられている。
あとがきとして、妻である澁澤龍子が澁澤の闘病生活と、"最期"の場面を克明に描いており、貴重な記録でもある。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 都心ノ病院ニテ幻覚ヲ見タルコト
Jp-e : 093522890000d0000000
澁澤が最後に描いた“偏愛の世界"随筆集。

少女、鉱物、交友、幻想、書物――1987年夏、咽頭癌が原因で惜しまれつつも帰らぬ人となった澁澤龍彦が、その晩年に表題作だけが定められた一冊のエッセイ集刊行を約していた。

晩年の澁澤のエッセイを元に編まれた、文字通り「最後の著作」には、鬼才が偏愛した世界が珠玉のように散りばめられている。
あとがきとして、妻である澁澤龍子が澁澤の闘病生活と、“最期"の場面を克明に描いており、貴重な記録でもある。

あなたにオススメ!

  • 玩物草紙
  • マルジナリア
  • サド復活
  • 遺言 a Will
  • 開高 健 電子全集13 40…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ