P+D BOOKS

魔界水滸伝 18

魔界水滸伝 18
ためし読み
定価
本体550円+税
発売日
判型/頁
B6判/320
ISBN
9784093522885

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/12/09
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
記憶を失い幾つもの次元を転移する安西雄介
すべての記憶を失い、覚醒と混濁の狭間を彷徨う安西雄介は、奇妙な既視感のなかで幾つもの次元を転移していく。
やがて太古の神州にスサの王という名の自我を見い出し、悟入直前のシッダールタの血肉となる。時空連続体を転々と彷徨いながら、彼は大いなる宇宙に紡がれた歴史の傍観者となり、自らが真理そのものとなってゆく。

地球を侵略しようとするクトゥルーの神々と、それを阻止しようとする神州・日本を中心とする地球古来の神々との闘い、そしてその神々の圧倒的な力の前に滅びゆこうとする人類の危難を描いた大河小説の第18弾。第二部「地球聖戦編」の第7作目。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 魔界水滸伝 18
Jp-e : 093522880000d0000000
1羽の光の鳥が巨大な翼をはばたいた――安西雄介は記憶を失い、覚醒と混濁の狭間をさまよい続ける!

自ら超エネルギー体へと変じたみづちの若長・北斗多一郎と、禍津神・安西雄介。危ういところに女か・北斗礼津が割って入り衝突は免れたかに見えた。しかし、その衝撃ですべての記憶を失った雄介は、次元から次元の転移のなかに落ちてゆく。太古の神州にスサの王としてのおのれを見出し、入寂せんとするシッダールタ、そしてジーザスとなって、三革の戦士となった。時空連続体を転々とさまよう雄介はどこへ向かうのか?
栗本薫が圧倒的な筆力で現代日本にクトゥルー神話を甦らせた、超伝奇シリーズ第2部「地球聖戦編」第7作!

あなたにオススメ!

  • 黄金の樹
  • P+D BOOKS 魔界水滸…
  • 罪喰い
  • 黄昏の橋
  • 女人追憶 1
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30