P+D BOOKS

夜の三部作

夜の三部作
ためし読み
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
B6判/480
ISBN
9784093522762

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/08/12
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
人間の“暗黒意識"を主題にした三部作
人間の奥深い内部で不気味に蠢き、内側からその人を突き動かそうとする“暗黒意識"を主題に書かれた『冥府』『深淵』『夜の時間』の三部作。

作家・福永武彦の死生観が滲み出た作品群だが、各ストーリーにつながりはない。

「僕は既に死んだ人間だ。これは比喩的にいうのでも、寓意的にいうのでもない。僕は既に死んだ」という書き出しで始まる『冥府』は、死後の世界を舞台にした幻想的な作品。

『深淵』は敬虔なクリスチャンの女性と、野獣のごとき本能むきだしの男との奇妙な愛を描いた物語。二人それぞれが一人称の告白体で、サスペンス的な要素も色濃い作品。

『夜の時間』は、男女の三角関係を、過去と現在の二重時間軸構造で描くロマンあふれる作品。

解説は芥川賞作家で、福永武彦の長男でもある、池澤夏樹氏。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 夜の三部作
Jp-e : 093522760000d0000000
人間の“暗黒意識"を主題にした三部作。

人間の奥深い内部で不気味に蠢き、内側からその人を突き動かそうとする“暗黒意識"を主題に書かれた『冥府』『深淵』『夜の時間』の三部作。

作家・福永武彦の死生観が滲み出た作品群だが、各ストーリーにつながりはない。

「僕は既に死んだ人間だ。これは比喩的にいうのでも、寓意的にいうのでもない。僕は既に死んだ」という書き出しで始まる『冥府』は、死後の世界を舞台にした幻想的な作品。

『深淵』は敬虔なクリスチャンの女性と、野獣のごとき本能むきだしの男との奇妙な愛を描いた物語。二人それぞれが一人称の告白体で、サスペンス的な要素も色濃い作品。

『夜の時間』は、男女の三角関係を、過去と現在の二重時間軸構造で描くロマンあふれる作品。

あなたにオススメ!

  • 海市
  • 加田伶太郎 作品集
  • 夢見る少年の昼と夜
  • 風土
  • 悲しみの港 上
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30