風土
ためし読み
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
B6判/528
ISBN
9784093522748

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/07/08
形式
ePub
特設サイトを見る
〈 書籍の内容 〉
芸術家の苦悩を描いた著者の処女長編小説
関東大震災と第二次世界大戦という二つの歴史的大事件に挟まれた16年間――画家・桂が片時も忘れえなかった昔の恋人・三枝夫人との再会と、すれ違った愛の行方を追い求め描いた作品。

世界が激しく揺れ動いた時代、日本という風土に生まれ育った芸術家の思索、苦悩、そして愛の悲劇を通して人生の深淵に迫った力作である。完成までに十年の歳月を費やした福永武彦の文学的出発点ともいえる。

解説は芥川賞作家であり、福永武彦の長男でもある池澤夏樹氏。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
芥川賞作家であり、福永武彦の長男でもある池澤夏樹氏の解説も秀逸です。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 風土
Jp-e : 093522740000d0000000
芸術家の苦悩を描いた著者の処女長編小説。

関東大震災と第二次世界大戦という二つの歴史的大事件に挟まれた16年間――画家・桂が片時も忘れえなかった昔の恋人・三枝夫人との再会と、すれ違った愛の行方を追い求め描いた作品。

世界が激しく揺れ動いた時代、日本という風土に生まれ育った芸術家の思索、苦悩、そして愛の悲劇を通して人生の深淵に迫った力作である。完成までに十年の歳月を費やした福永武彦の文学的出発点ともいえる。

解説は芥川賞作家であり、福永武彦の長男でもある池澤夏樹氏。

あなたにオススメ!

  • 夜の三部作
  • 加田伶太郎 作品集
  • 海市
  • 夢見る少年の昼と夜
  • 快楽 (上)
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ