江戸散歩 下
ためし読み
定価
本体500円+税
発売日
判型/頁
B6判/256
ISBN
9784093522731

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/07/08
形式
ePub
特設サイトを見る全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
意気と芸を重んじた町・江戸を圓生が散歩!
持ち噺の多彩さで史上最高と賞賛された六代目三遊亭圓生にとって、江戸は“心のふるさと"である。

お洒落で、美味好きで、好色で、意気と芸を何より重んじた町・江戸。落語の世界と圓生自身の思い出に残る“江戸"を訪ねて、そこに残る「路地の暮らし」を縦横無尽に綴ったエッセイ。

下巻では、芝、麻布から本所、深川へと足を伸ばす。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
大好評だった「噺のまくら」に続く圓生のエッセンスがここにあります。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 江戸散歩(下)
Jp-e : 093522730000d0000000
意気と芸を重んじた町・江戸を圓生が散歩!

持ち噺の多彩さで史上最高と賞賛された六代目三遊亭圓生にとって、江戸は“心のふるさと"である。

お洒落で、美味好きで、好色で、意気と芸を何より重んじた町・江戸。落語の世界と圓生自身の思い出に残る“江戸"を訪ねて、そこに残る「路地の暮らし」を縦横無尽に綴ったエッセイ。

下巻では、芝、麻布から本所、深川へと足を伸ばす。

あなたにオススメ!

  • 噺のまくら
  • 浮世に言い忘れたこと
  • 玩物草紙
  • 志ん生一代 (下)
  • 座布団一枚!
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ