P+D BOOKS

遠い旅・川のある下町の話

遠い旅・川のある下町の話
ためし読み
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
B6判/512
ISBN
9784093522700

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/06/10
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
川端康成の珠玉の「青春小説」二編が甦る!
昭和33年に月刊誌「平凡」に連載されたものの、その後長い間単行本化されずに埋もれていた『遠い旅』は、青春を彷徨する若者の人生を描いた作品。

『川のある下町の話』は、恵まれない大衆の生活の重みと苦しみが渦巻く町で、必死に生きる若者たちの姿を描いた群像小説で昭和28年の作品。

川端青春小説が奇跡のカップリングで、いまここに甦る!
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 遠い旅・川のある下町の話
Jp-e : 093522700000d0000000
川端康成の珠玉の「青春小説」二編が甦る!

昭和33年に月刊誌「平凡」に連載されたものの、その後長い間単行本化されずに埋もれていた『遠い旅』は、青春を彷徨する若者の人生を描いた作品。

『川のある下町の話』は、恵まれない大衆の生活の重みと苦しみが渦巻く町で、必死に生きる若者たちの姿を描いた群像小説で昭和28年の作品。

川端青春小説が奇跡のカップリングで、いまここに甦る!
サイン会・イベント情報

備考:昭和文学の名作を復刊するブランド、P+D BOOKSの創刊1周年を記念して、戦後生まれ初の芥川賞作家であり、文学界を越えて多くのクリエイターたちに影響を及ぼした伝説の作家、中上健次の文学を語り合うトークイベントを開催します。
中上健次は今年が生誕70年のアニバーサリーでもあり、P+Dでも『鳳仙花』『熱風』『大洪水』(上下)がラインアップされています。演者は作家・島田雅彦氏、中上健次長女の作家・中上紀氏、文芸評論家で現在配信中の中上健次電子全集の監修者・高澤秀次氏の3名。イベントは無料ですが先着50名の参加となります。
中上文学の神髄に触れることができるまたとない機会をお見逃しなく!

あなたにオススメ!

  • 親友
  • 悲しみの港 上
  • 舌出し天使・遁走
  • 親友
  • 春の道標
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ