P+D BOOKS

海市

海市
ためし読み
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
B6判/528
ISBN
9784093522694

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/06/10
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
親友の妻に溺れる画家の退廃と絶望を描く
妻子ある画家・渋太吉は、伊豆の海村で蜃気楼のように現れた若き女性・安見子との道ならぬ恋に溺れていく。

渋はかつて一緒に死ぬ約束をした女性を裏切り、妻とは離婚寸前の状況にあった。やがて、安見子は親友の妻であることが判明するが、彼女への思慕は変わらず、肉体関係を続けていく。

恋愛の幾つかの相を捉え、著者が得意とするカットバック手法で、それぞれの愛憎劇が複層的に展開されていく。

福永武彦が、退廃と絶望の中の愛の運命を描いた佳作の復刊に、著者の長男・池澤夏樹氏が解説を特別寄稿。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 海市
Jp-e : 093522690000d0000000
親友の妻に溺れる画家の退廃と絶望を描く。

妻子ある画家・渋太吉は、伊豆の海村で蜃気楼のように現れた若き女性・安見子との道ならぬ恋に溺れていく。

渋はかつて一緒に死ぬ約束をした女性を裏切り、妻とは離婚寸前の状況にあった。やがて、安見子は親友の妻であることが判明するが、彼女への思慕は変わらず、肉体関係を続けていく。

恋愛の幾つかの相を捉え、著者が得意とするカットバック手法で、それぞれの愛憎劇が複層的に展開されていく。

福永武彦が、退廃と絶望の中の愛の運命を描いた佳作の復刊に、著者の長男・池澤夏樹氏が解説を特別寄稿。

あなたにオススメ!

  • 夜の三部作
  • 風土
  • 加田伶太郎 作品集
  • 夢見る少年の昼と夜
  • 快楽(下)
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ