悲しみの港 下
ためし読み
定価
本体600円+税
発売日
判型/頁
B6判/336
ISBN
9784093522649

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/04/08
形式
ePub
特設サイトを見る全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
北へ旅立つ静枝と及川晃一の「一夜の情事」
故郷の静岡県藤枝で若き小説家が探し求める自我の新しい船出。

東京から故郷の藤枝に舞い戻ってきた及川晃一は、父の会社の事務員・三輪静枝と出会う。晃一の書いた小説を静枝が借り出して読んでいることを知り、二人の距離は急接近していくのだが、静枝にはすでに婚約者がいた。

晃一が現れたけれど、結局、静枝は婚約者の求婚を受け入れ、会社を辞めて北へ旅立つという。だが、惹かれ合う二人は送別会の夜、ついに結ばれるのだった。

朝日新聞に連載された「内向の世代」の代表的作家・小川国夫の自伝的長編小説の後編。1994年、第5回伊藤整文学賞受賞作。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 悲しみの港(下)
Jp-e : 093522640000d0000000
北へ旅立つ静枝と及川晃一の「一夜の情事」。

故郷の静岡県藤枝で若き小説家が探し求める自我の新しい船出。

東京から故郷の藤枝に舞い戻ってきた及川晃一は、父の会社の事務員・三輪静枝と出会う。晃一の書いた小説を静枝が借り出して読んでいることを知り、二人の距離は急接近していくのだが、静枝にはすでに婚約者がいた。

晃一が現れたけれど、結局、静枝は婚約者の求婚を受け入れ、会社を辞めて北へ旅立つという。だが、惹かれ合う二人は送別会の夜、ついに結ばれるのだった。

朝日新聞に連載された「内向の世代」の代表的作家・小川国夫の自伝的長編小説の後編。1994年、第5回伊藤整文学賞受賞作。

あなたにオススメ!

  • 快楽 (上)
  • 親友
  • 残りの雪(上)
  • 風の息 中
  • 遠い旅・川のある下町の話
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ