P+D BOOKS

血族

血族
ためし読み
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
B6判/432
ISBN
9784093522496

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2016/01/08
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
亡き母が隠し続けた私の「出生の秘密」
本書は、山口瞳氏自身の家系の謎に迫る自伝的一冊である。

自らのことをほとんど語ることなく亡くなった母。美しく奔放で、好きなように生きた母に人生について氏は何も知らなかった。幼い頃に目にした光景、家に出入りしていた人たちの言葉、そして数々の資料をひもとき作者は自らの出自の謎に迫り、その過程を、母の思い出などを交えて綴っている。

登場する人物は、直接関わりのない人々がイニシャルになっているのをのぞけば、親族はみな実名である。調べる過程で書き進めた作品ではなく、すべてが明らかになった後に書き始めており、後に、事実を明らかするための伏線も張っている。

作者は、母の死後、彼女がどこでどんな家に生まれ、母方の親族はどういうつながりになっていたのかを解き明かしていく。その結果、氏自身がみたものは……。亡き母への熱き愛と鎮魂をみごとに描破した菊池寛賞受賞作。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 血族
Jp-e : 093522490000d0000000
亡き母が隠し続けた私の「出生の秘密」。

本書は、山口瞳氏自身の家系の謎に迫る自伝的一冊である。

自らのことをほとんど語ることなく亡くなった母。美しく奔放で、好きなように生きた母に人生について氏は何も知らなかった。幼い頃に目にした光景、家に出入りしていた人たちの言葉、そして数々の資料をひもとき作者は自らの出自の謎に迫り、その過程を、母の思い出などを交えて綴っている。

登場する人物は、直接関わりのない人々がイニシャルになっているのをのぞけば、親族はみな実名である。調べる過程で書き進めた作品ではなく、すべてが明らかになった後に書き始めており、後に、事実を明らかするための伏線も張っている。

作者は、母の死後、彼女がどこでどんな家に生まれ、母方の親族はどういうつながりになっていたのかを解き明かしていく。その結果、氏自身がみたものは……。亡き母への熱き愛と鎮魂をみごとに描破した菊池寛賞受賞作。

あなたにオススメ!

  • 家族 ファミリー
  • 居酒屋兆治
  • 記憶の断片
  • どくとるマンボウ追想記
  • 瞳さんと
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30