P+D BOOKS

親友

親友
ためし読み
定価
本体550円+税
発売日
判型/頁
B6判/256
ISBN
9784093522472

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2015/12/11
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
川端康成「幻の少女小説」60年ぶりに復刊
新制中学1年生のクラスメートであるめぐみとかすみは、同い年で同じ誕生日。赤の他人なのに従姉妹と見間違えられるほど似ていた二人は、自然と「親友」になっていく。
“鵠沼のおじさまの家"での夏休み、先輩女生徒・容子へのほのかな憧れ、バザーで起きた小さな事件……些細なことでの行き違いで、その都度こわれそうになる少女同士の友情。そして、やがて二人に別れの日が訪れる。
ノーベル文学賞受賞作家・川端康成が昭和29年「女学生の友」に連載した幻の最後の少女小説が今、鮮やかに蘇る。
また、戦前に川端が「セウガク一年生」に寄稿した貴重な作品「樅の木の話」も収録。
巻末には川端の娘婿・川端香男里(ロシア文学者)氏の解説文も併せて収録した貴重な一冊である。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
これまで埋もれていた川端康成の少女小説・復刻版!
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 親友
Jp-e : 093522470000d0000000
川端康成「幻の少女小説」60年ぶりに復刊。

新制中学1年生のクラスメートであるめぐみとかすみは、同い年で同じ誕生日。赤の他人なのに従姉妹と見間違えられるほど似ていた二人は、自然と「親友」になっていく。
“鵠沼のおじさまの家"での夏休み、先輩女生徒・容子へのほのかな憧れ、バザーで起きた小さな事件……些細なことでの行き違いで、その都度こわれそうになる少女同士の友情。そして、やがて二人に別れの日が訪れる。
ノーベル文学賞受賞作家・川端康成が昭和29年「女学生の友」に連載した幻の最後の少女小説が今、鮮やかに蘇る。
また、戦前に川端が「セウガク一年生」に寄稿した貴重な作品「樅の木の話」も収録。
巻末には川端の娘婿・川端香男里(ロシア文学者)氏の解説文も併せて収録した貴重な一冊である。

あなたにオススメ!

  • 親友
  • 遠い旅・川のある下町の話
  • 悲しみの港 上
  • 悲しみの港 下
  • 日本の近代 猪瀬直樹著作集3…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ