P+D BOOKS

熱風

熱風
ためし読み
定価
本体650円+税
発売日
判型/頁
B6判/512
ISBN
9784093522380

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2015/11/13
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
中上健次、未完の遺作が初単行本化!
1個3億円のエメラルド3個を携え、ブラジルから来日したオリエントの康の遺児タケオは、新宿で「中本」の一統である“毒味男"や、オリュウノオバの甥っ子である"九階の怪人"と出会う。

“毒味男"の一味は、最初に地上げ屋の斎藤順一郎を焼き殺したが、彼らの周囲をGメンが嗅ぎ回り始めので、一味はと共に紀州・新宮へ舞い戻る。そして、次の標的に土地の実力者・佐倉(この時、130歳近い年齢だが)を選ぶのだが……。

新たな抗争の予感を湛える長編。「千年の愉楽」の続編ともいえる未完作。「週刊ポスト」にて連載中に絶筆した。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 熱風
Jp-e : 093522380000d0000000
中上健次、未完の遺作が初単行本化&電子化!

1個3億円のエメラルド3個を携え、ブラジルから来日したオリエントの康の遺児タケオは、新宿で「中本」の一統である“毒味男"や、オリュウノオバの甥っ子である“九階の怪人"と出会う。

“毒味男"の一味は、最初に地上げ屋の斎藤順一郎を焼き殺したが、彼らの周囲をGメンが嗅ぎ回り始めので、一味はと共に紀州・新宮へ舞い戻る。そして、次の標的に土地の実力者・佐倉(この時、130歳近い年齢だが)を選ぶのだが……。

新たな抗争の予感を湛える長編。「千年の愉楽」の続編ともいえる未完作。「週刊ポスト」にて連載中に絶筆した。
サイン会・イベント情報

備考:不滅の昭和文学の傑作を、ペーパーバックと電子でお届けする「P+D BOOKS」。
今回は11月に刊行され大きな反響を呼んでいる、中上健次の未完の大作『熱風』を記念してトークショーを開催します。中上健次のワイルドな文学世界を、愛娘で作家の中上紀氏と、作家のいとうせいこう氏に語りつくしていただきます。ここでしか聞けない熱いセッションにご期待ください。

サイン会・イベント情報

備考:昭和文学の名作を復刊するブランド、P+D BOOKSの創刊1周年を記念して、戦後生まれ初の芥川賞作家であり、文学界を越えて多くのクリエイターたちに影響を及ぼした伝説の作家、中上健次の文学を語り合うトークイベントを開催します。
中上健次は今年が生誕70年のアニバーサリーでもあり、P+Dでも『鳳仙花』『熱風』『大洪水』(上下)がラインアップされています。演者は作家・島田雅彦氏、中上健次長女の作家・中上紀氏、文芸評論家で現在配信中の中上健次電子全集の監修者・高澤秀次氏の3名。イベントは無料ですが先着50名の参加となります。
中上文学の神髄に触れることができるまたとない機会をお見逃しなく!

あなたにオススメ!

  • 大洪水(上)
  • 大洪水(下)
  • 鳳仙花
  • 残りの雪(上)
  • 舌出し天使・遁走
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ