P+D BOOKS

魔界水滸伝 4

魔界水滸伝 4
ためし読み
定価
本体550円+税
発売日
判型/頁
B6判/304
ISBN
9784093522298

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2015/09/11
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
中東の砂漠で暴れまくる“古き物たち"
 人間界防衛のために、特殊軍団を結成した安西雄介。“古き者たち"と、“先住者"の妖怪大戦争に巻き込まれた人類を救うべく、ミイラが生き返ったという情報や、伊吹涼の弟の風太が『火の神の使者』を率いているらしいといった噂の確認のため、涼、加賀四郎、左文字徹とともにエジプトへと旅立った。
 ところが、“古き者たち"のナイアルラトホテップによって飛行機は破壊され、結城大和こと“眼"によって間一髪救われた四人は、砂漠をさまようことになってしまう……。
 地球を侵略しようとするクトゥルーの神々と、それを阻止しようとする神州・日本を中心とする地球古来の神々との闘い、そして神々の圧倒的な力の前に滅びて行こうとする人類の危難を描いた大河小説の第4弾。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 魔界水滸伝 4
Jp-e : 093522290000d0000000
地球を侵略せんとする邪神クトゥルーと、それを迎え撃つ地球先住の神々。人類をも巻き込んだ戦火は海を越えて燃え広がる!

次々に起きる異変を「クトゥルー対先住者」の大戦争であり、人間はそのとばっちりをうけているにすぎないと看破した、オカルト研究者・加賀四郎。彼の進言に従い、安西雄介は弟・竜二とともに特殊軍団を結成するとまもなく、伊吹涼、左文字徹、加賀とともに空路エジプトへと旅立った。しかしその飛行機には冷気を放つほどに美しい、異様な男が乗り込んでいた。彼こそが結城大和、先住者のひとりで〈眼〉とよばれる者であった――!
栗本薫が圧倒的な筆力で現代にクトゥルー神話を甦らせた、超伝奇シリーズ第4弾!

あなたにオススメ!

  • P+D BOOKS 魔界水滸…
  • 地を潤すもの
  • 志ん生一代 (下)
  • 長い道・同級会
  • デウスの棄て児〔小学館文庫〕
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ