P+D BOOKS

親鸞 3 法難の巻(下)

親鸞 3 法難の巻(下)
ためし読み
定価
本体550円+税
発売日
判型/頁
B6判/272
ISBN
9784093522229

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2015/07/24
形式
ePub
特設サイトを見る全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
法然との出会い……、そして越後への配流
 弾圧、非難と闘いながら、浄土真宗を創始し、あくまでも人間として生き抜いた親鸞の苦難の生涯を描く大作。

 第3巻「法難の巻」(下)では、新興勢力として日増しに影響を強める浄土宗に対して、旧来勢力の圧力により、「念仏停止、法然と高弟の流罪」という弾圧が加えられ、法然は土佐へ。そして親鸞も“肉食妻帯の破戒僧"として越後に流されることとなる。

 その前夜、産後の衰弱に心労が重なった妻の承子が他界し、親鸞は傷心を抱いて越後へ旅断つ……。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS 親鸞 3 法難の巻(下)
Jp-e : 093522220000d0000000
法然との出会い……、そして越後への配流。

 弾圧、非難と闘いながら、浄土真宗を創始し、あくまでも人間として生き抜いた親鸞の苦難の生涯を描く大作。

 第3巻「法難の巻」(下)では、新興勢力として日増しに影響を強める浄土宗に対して、旧来勢力の圧力により、「念仏停止、法然と高弟の流罪」という弾圧が加えられ、法然は土佐へ。そして親鸞も“肉食妻帯の破戒僧"として越後に流されることとなる。

 その前夜、産後の衰弱に心労が重なった妻の承子が他界し、親鸞は傷心を抱いて越後へ旅断つ……。

あなたにオススメ!

  • 小説 葛飾北斎(下)
  • 山中鹿之助
  • 小説 葛飾北斎(上)
  • 宿敵 下巻
  • 親鸞の告白
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ