P+D BOOKS

どくとるマンボウ追想記

どくとるマンボウ追想記
ためし読み
定価
本体500円+税
発売日
判型/頁
B6版/224
ISBN
9784093522069

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2015/05/25
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
「どくとるマンボウ」が語る昭和初期の東京
 父・斉藤茂吉の話も随所に登場し、幼少期の体験を飾り気のない文体で綴った自伝。幼少期の記憶がモチーフとなった、多くの北杜夫作品を読み解く鍵になる重要作品。
 昭和2年5月1日、「ゲーテほどではないが、予想したより何倍もいい」星の下に出生してから、東京大空襲ですべてを焼き尽くされ、高校入学のため信州・松本へ向かうまでを描く。
 大正、昭和初期と激しく揺れ続けた「楡家の人々」の真実を描き、「どくとるマンボウ青春記」に至る「少年期」を定着させた、貴重な東京っ子の昭和初期史を、上品なユーモアを交えながらノスタルジックな語りで鮮やかに描く。
〈 電子版情報 〉
P+D BOOKS どくとるマンボウ追想記
Jp-e : 093522060000d0000000
「どくとるマンボウ」が語る昭和初期の東京。

 父・斉藤茂吉の話も随所に登場し、幼少期の体験を飾り気のない文体で綴った自伝。幼少期の記憶がモチーフとなった、多くの北杜夫作品を読み解く鍵になる重要作品。
 昭和2年5月1日、「ゲーテほどではないが、予想したより何倍もいい」星の下に出生してから、東京大空襲ですべてを焼き尽くされ、高校入学のため信州・松本へ向かうまでを描く。
 大正、昭和初期と激しく揺れ続けた「楡家の人々」の真実を描き、「どくとるマンボウ青春記」に至る「少年期」を定着させた、貴重な東京っ子の昭和初期史を、上品なユーモアを交えながらノスタルジックな語りで鮮やかに描く。

あなたにオススメ!

  • 少年・牧神の午後
  • 血族
  • われら戦友たち
  • 焔の中
  • 戦争といのちと聖路加国際病院…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ