保育でつむぐ 子どもと親のいい関係

保育でつむぐ 子どもと親のいい関係
ためし読み
定価
本体1300円+税
発売日
判型/頁
4-6/144
ISBN
9784093114158
〈 書籍の内容 〉
親と子の「共育ち」エッセイ
 保育者は家庭への「子育て支援」が求められています。しかし、現状は保護者からのクレーム対応に終始している場合も少なくありません。
 著者は東京家政大学ナースリールームの主任保育者です。
 長年保育者として、乳幼児の親とかかわってきた著者もまた、一般的に「子育て支援」と思い込んでいる対応に少し違和を感じています。
 真の意味での「子育て支援・親支援」とは何か、本当に子どもが求める大人とはどんな存在なのか。
 著者は子どもが育つように、親もまた育っていく「共育ち」という考えを提案します。保育者が「共育ち」をサポートすれば、子どもの気持ちを理解し、親のイライラが解消され、子育てを楽しむヒントになります。
 豊富なエピソードをまじえながら、お母さんや保育者さんたちにやさしく語りかけます。



〈 目次をみる 〉
今、保育に求められていること…3

Prologue 何気ない日常のなかに、大事な支援のポイントがある…11

Part1 子どもの思い、親の思い…17

     子どもの気持ちを通訳すれば…18
     自分と異なる考えや友だちの個性を受けとめる…24
     子どもの「病気を治す力」…30       
     個性的な子どもの気づき、発見…36
     忘れられないエピソード…42
     子どもがこわがること…48

Part2 トラブルは気づきのチャンス…55

     『北風と太陽』のお話のように…56
     ぶつかっても修復し合える関係…62
     不思議な仲直り…68
     わが子らしい表現としておもしろがる…74
     脆い心を育ててしまう親の「厳しさ」…80

Part3 保護者の育ちを感じながら

     父親が育つとき…88
     保育の本質をついた鋭い「気づき」…94
     母親が妊娠中の配慮と支援…100
     育児休業明けの保育者の母親としての心理…106
     連絡帳を通して育ち合う…112

Part4 おばあちゃんとの関係性

     孫の育ちが気になるおばあちゃん世代…120
     おばあちゃん自身の子育て事情…126

Eplogue 親子の今と保育を真摯に考える…132

あとがき…140

あなたにオススメ!

  • 保育のなかのアート
  • あなたも保育者になれる
  • 「東大に入る子」は5歳で決ま…
  • さあ、子どもたちの「未来」を…
  • 0歳児から6歳児 子どものこ…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ