超効率的「ベストな1歩」が記録を伸ばす!

最高の走り方

最高の走り方
ためし読み
定価
1540円(税込)
発売日
判型/頁
A5判/160
ISBN
9784093108980

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/12/13
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
サブ4以上を本気で目指す人のラン本
26年ぶりに筑波大学を箱根駅伝本大会に導いた監督の最新刊!

自己ベスト更新に悩む中級ランナーのための指南書!

「練習しても記録が伸びない」
「そもそも仕事が忙しくて走る時間が限られている」
「今の走りの何が悪いのかわからない」
「レース前の効果的な練習方法に迷っている」
・・・・・そんな悩める中級ランナーに向け、
2015年から母校 筑波大学陸上競技部男子駅伝監督を担う弘山勉氏が
最新の科学的トレーニング理論と実践的な練習方法を教えます。

注目すべき点は、本書の構成。
サブ4以上の中上級ランナー300人以上にアンケート調査を実施。
その結果、もっとも多かった「今のフォームに満足していない」という答えを受け、
これまで研究されてきた一般的なデータや、五輪に3度出場を果たした選手を指導してきた著者の経験則から導き出した分析やメソッドをもとに、
常識をひっくり返す驚きのフォーム理論を展開。
ページのほとんどを、超効率的ベストな一歩をつくるためのヒントで満たしました。

さらにサブ2.5からサブ4まで、目標タイム別の3か月間ラントレメニュー、
厚底VS薄底シューズ論争の正解など、気になるトレンドへの答えも。

すべては、速く、長く、ラクに走るために。
〈 目次をみる 〉
PART1 最高のフォームを知る
●最高のフォームがつくれないと、トレーニングの意味がない!?
●一般的なフォームの常識、間違って理解していない?
●「厚底VS薄底」シューズ論争の正解とは?
●「最高の走り方」の基本~フォームのメカニズム分析~
●全身を連動させてこそ最高の1歩が生まれる!
●自撮りして現状のフォームをチェック!

COLUMN 理想的なフォームは? ~トップアスリートたちのフォーム分析~

PART2 最高のフォームをつくる
●最高の1歩をモノにしたい! 感覚と動作を一致させるには?
●スピードそのものは「筋肉」から生まれる!
●感覚と動きを一致させる!フォーム修正エクササイズ&ドリル
●「走る筋肉」の鍛え方
●「痛み」や「故障」から走りの弱点がわかる!
 
COLUMN 「科学トレVS根性論」はナンセンス?

PART3 最高のフォームで走る
●トレーニング強度の基準となる「LT値」とは?
●気持ちいいジョギングだけでは速くなれない!?
●スピードか? スタミナか? ベストタイムから弱点がわかる!
●狙いを理解して効率的に走力UP!RUNトレの基本メニュー
●目標設定に役立つ! 「条件クリア」の目安は?
●目標タイム別RUNトレ3ヵ月メニュー(サブ2.5~サブ4)
●課題を克服!目的別RUNトレメニュー
 →1500mのベストタイムを更新したい!
 →5~10キロのベストタイムを更新したい!
 →ハーフマラソンのベストタイムを更新したい!
 →平均ピッチを上げたい!
 →平均ストライドを広げたい!
 →スピードを底上げしたい!
 →着地の接地を修正したい!
 →上り坂のフォームを身につけたい!
 →下り坂のフォームを身につけたい!
 →エネルギー効率を高めて後半に崩れないカラダをつくりたい!
 →故障明けのカラダを慣らしたい!
●「最高の1歩」のための栄養学
●疲労回復に役立つ「BCAA」とは?
●最高のレースマネジメント
〈 電子版情報 〉
最高の走り方 ~超効率的「ベストな1歩」が記録を伸ばす!~
Jp-e : 093108980000d0000000
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

サブ4以上を本気で目指す人のラン本。

26年ぶりに筑波大学を箱根駅伝本大会に導いた監督の最新刊!

自己ベスト更新に悩む中級ランナーのための指南書!

「練習しても記録が伸びない」
「そもそも仕事が忙しくて走る時間が限られている」
「今の走りの何が悪いのかわからない」
「レース前の効果的な練習方法に迷っている」
・・・・・そんな悩める中級ランナーに向け、
2015年から母校 筑波大学陸上競技部男子駅伝監督を担う弘山勉氏が
最新の科学的トレーニング理論と実践的な練習方法を教えます。

注目すべき点は、本書の構成。
サブ4以上の中上級ランナー300人以上にアンケート調査を実施。
その結果、もっとも多かった「今のフォームに満足していない」という答えを受け、
これまで研究されてきた一般的なデータや、五輪に3度出場を果たした選手を指導してきた著者の経験則から導き出した分析やメソッドをもとに、
常識をひっくり返す驚きのフォーム理論を展開。
ページのほとんどを、超効率的ベストな一歩をつくるためのヒントで満たしました。

さらにサブ2.5からサブ4まで、目標タイム別の3か月間ラントレメニュー、
厚底VS薄底シューズ論争の正解など、気になるトレンドへの答えも。

すべては、速く、長く、ラクに走るために。(2019年11月発表作品)

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

分かりやすく読みやすい(20代 男性) 2021.5.26

高校の部活で陸上の長距離をしているのですが,メニュー作りやフォームについての科学的な理論が大変参考になっています。どのような練習でどう鍛えられるのか理屈と根拠が明確なので毎日持ち歩いています。(10代 男性) 2021.4.29

僕自身陸上をしていてフォームを変えようと思っていたところちょうどこの本が目に入って買いました(10代 男性) 2021.2.8

最近、マラソンを始め、少しでも速くなりたいと思っていたところに、書店で目に止まり購入をしました。とても見易く理解しやすと思えます。あとは行動あるのみです。(40代 男性) 2021.1.23

子供が陸上をしていて勉強のために購入しました。(40代 女性) 2020.11.29

自分の走りに悩んでいた。この本の中身を見たときにどの本よりも詳しくて根拠に基づいた情報が載っていると思った。(10代 女性) 2020.10.7

コーチに勧められた。大変参考になる本です。(40代 女性) 2020.9.26

正に探し求めていた本でした! 走り方についてわかりやすく、的確にまとめてあり、大切にしていきたい本です。(20代 女性) 2020.7.30

内容がわかりやすかったから(20代 女性) 2020.6.22

ランニング本は、初心者向けのものが多く、走力が上がると参考にすべき本が減る。ところが、本書のようなアスリート向けのものは無く、トレーニングの参考になるから。(40代 男性) 2020.6.13

あなたにオススメ!

  • 奈緒子 23
  • いいひと。 7
  • タスキメシ 箱根
  • いいひと。 8
  • 金栗四三
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ