身近な人がうつかなと思ったら読む本

身近な人がうつかなと思ったら読む本
ためし読み
定価
本体1,000円+税
発売日
判型/頁
新書変型/192
ISBN
9784093108485
〈 書籍の内容 〉
うろたえないよう知っておくべき心療の要点
WHO(世界保健機関)の推計では、世界の人口の約5%がうつに罹患しており、日本でも実際には600万人の患者さんがいると考えられています。
十代の学生からシニア層まで罹患者の幅も広がりを見せています。
新型うつも急増し、もはやどんな職場にも、うつ病患者、あるいはうつ病予備軍が必ず一人はいるような時代に突入しています。

2015年12月、従業員50名以上の企業には厚生労働省によってストレスチェックが義務づけられ、関心が高まってきました。

些細なことがきっかけでやる気をなくしてしまう。あるいは恒常的なストレス過多で心が折れてしまう。
しかし、周囲の家族や同僚など、身近な人でもそうした変化に気付きにくいものなのです。

あなたのご主人は大丈夫? あなたの親やお子さんは?
家族や友人が、ある日突然会社や学校を休み始めたら?
大切な人がうつかもしれないと感じられたら、どう対処すればよいのでしょうか。
本書では、そんな現実に直面されたみなさんのストレスを軽減できるようアドバイスをします。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
厚労省のストレスチェックも全問掲載。いざというときに駆け込める、信頼できる病院も紹介。

あなたにオススメ!

  • 患者だからわかる アトピー性…
  • 女性の<からだと心>安心医学…
  • 身近な人が「心の病」か迷った…
  • たった1分で心が軽くなる ポ…
  • シニアの品格
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ