文楽をゆく

文楽をゆく
ためし読み
定価
本体1600円+税
発売日
判型/頁
A5判/96
ISBN
9784093108317
〈 書籍の内容 〉
祝・襲名記念
「わしが男やから女とつけるからな」
 文楽人形遣いの最高の名人と称された故・初代吉田玉男師匠に入門したひとりの少年は、吉田玉女(たまめ)という名前をいただきました。それから40年以上にわたり師匠の元で修行をし、薫陶を受けた玉女さんがいよいよ師匠の名前を二代目として襲名します。
 文楽の襲名はどのようなものか? 襲名狂言の「熊谷陣屋」のみどころは? そしてどのような修行を経て現在にいたるのか……、二代目吉田玉男さんの魅力を余すところなく伝えます。
 また実力イケメン揃いの二代目玉男一門紹介や、文楽を支える現代の大坂だんな衆インタビュー、大坂名店紹介などバラエティに富んだ今までにない文楽の世界をご紹介します。

あなたにオススメ!

  • 文楽へようこそ
  • 赤川次郎の文楽入門〔小学館文…
  • 桂文我の上方落語案内
  • 落語CDブック 人形町末広 …
  • 落語研究会 柳家小三治大全 …
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ