老親の家、片づけます!

老親の家、片づけます!
ためし読み
定価
本体1,300円+税
発売日
判型/頁
4-6/160
ISBN
9784093108256
〈 書籍の内容 〉
親の「片づけ心」の動かし方、教えます!
いま話題の「親の家の片づけ」は、40代以上の人たちの深刻なテーマ。

「実家に帰るとモノがあふれていて、うんざり」
「いくら『片づけて』と言っても、いっこうに片づける気配がない」
「何十年もしまいっぱなしなのに、もったいないと言って、捨ててくれない」
「地震がきたら、あの荷物の山が崩れ落ちてくるのではないかと心配」など、子どもたちにとって、大モンダイです。

これを解決するには、
まず、「片づけたくない」「片づけられない」という親の気持ちを
いかにして動かすか、がポイント。

本書では、アート引越しセンターの片づけサポート部門
『エプロンサービス』の年間8000件以上の実績から導き出した、
★親の「片づけ心」を動かす心得★ を大公開!
さらに、
★シニアでも実践できる片づけのヒント★
★親のやる気をさらにプッシュするサポート法★
★片づけサービス利用の一部始終★
をリアルな実例とともに、ご紹介します。
巻末の
★老親の「片づけ心」を動かす会話集★ も必読!

散らかり方も片づけ方も100人100様ですが、
親の気持ちをいかにのせるか…の心得は同じ。

約20年、さまざまな家庭の片づけを請け負ってきた
アート引越センター・エプロンサービスだからこその
テクニックの数々を惜しみなく伝授します!
〈 目次をみる 〉
【第1章 アート引越センター直伝 
老親の片づけたくない・片づけられない心を動かす子どもの心得】
心得その1 「捨てる」はNGワード 「減らす」に言い替える 
心得その2 親が大切にしているモノを把握する 
心得その3 家の中にある危険性をきっかけにする 
心得その4 親の「なんとかしたい」という気持ちを引き出す         
心得その5 老親だけで片づけを開始・完了するのは無理と理解する 
心得その6 第三者のアドバイスを効果的に利用する 
心得その7 片づけの目標を明確にしてやる気を出してもらう 
心得その8 親の心身が疲れないペースですすめる 
心得その9 「孫の手」も借りる 

【第2章 若いころと比べて気力や体力がなくても大丈夫 
「親」世代でも実践できる片づけのヒント 】
●食器類 
●調理器具
●調味料・常備食品 
●衣類 
●日用品・思い出の品など 

【第3章 収納用品の買い物・組み立ては親だけでは無理です!
「子ども」のサポートで、もっと便利に片づく!】
●押し入れをもっと使いやすく
●家具の配置替え
●100円グッズの収納アイデア

【第4章どうにもこうにも自分たちでは無理な場合の…
片づけサービス利用作戦】 
●実例1 片づける気のない母の意識を変えるきっかけとして、娘が依頼した
鈴木佳子さん(仮名・70歳)宅の場合  
●実例2 父が他界。気力を失った母の気持ちを変えるために、娘が依頼した
久保田幸子さん(仮名・71歳)の場合 
●実例3 足を悪くした老親が引越前のサポートとして、自ら依頼した
秋本治さん(仮名・81歳)宅の場合  
◆ アート引っ越しセンター「エプロンサービス」とは? 

【巻末情報】 
1 老親の“片づけ心"を動かす会話集
2 親が高齢者専用施設に入ったら… 
3 親が他界したら… 


あなたにオススメ!

  • 親の家の片づけ 決定版
  • 古堅式 片付けられる子どもの…
  • もったいない事典
  • 捨てられない服の片づけマジッ…
  • 増やす男と、捨てない女の片づ…
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ