“ただいま”から30分でできる!

いつものごはんは、きほんの10品あればいい

いつものごはんは、きほんの10品あればいい
ためし読み
定価
本体1400円+税
発売日
判型/頁
4-6/160
ISBN
9784093106337
〈 書籍の内容 〉
この10品で、もう献立に迷わない!
【おいしくて持続可能で、体に優しくて、食べ飽きない、いつもの家ごはん】
フォロワー11万人!
Twitterで大人気のアカウント「きょうの140字ごはん」(@140words_recipe) が待望の書籍化。
二人の子をもつワーキングマザーの著者による、
今夜の献立に迷わないための、シンプルな「家ごはん」のレシピ集。

「野菜のほったらかし焼き」「名もなき20秒卵」など、
帰宅してから30分で完成する「きほんの10レシピ」を軸に、
そのアレンジや季節のごはん、週末に楽しむ麺料理、お酒のあてなど、
全200を超えるレシピを紹介しています。

スーパーマーケットや宅配で普通に買える食材、
どこの家にでもある、おなじみの調味料を使って作る
シンプルなレシピの数々は、
どれも毎日でも食べ飽きない家ごはんばかり。
著者と同じような働く母親はもちろん、
これから初めての自炊を始める若い世代や、
年齢を重ねて、そろそろ仕事を引退するリタイア世代にも、
とても役立つ1冊です。

短時間で料理を完成させるための時間の使い方や、
愛用の料理道具・調味料の選び方、
暮らしまわりのエッセイも収録。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
・掲載させているレシピはどれも、自分の定番にしたくなる「家ごはん」ばかり。今日からすぐに家にある材料で作れます。
・この本を作っていて驚いたのは、1皿に使う材料の種類が圧倒的に少ないこと。こんなにシンプルな材料だけで、これだけ美味しくなるんだと、自分が作っているごはんを見直すきっかけになりました。
・毎日料理を作り、記録し続けている「家庭料理人」ならではの知恵がギュっと詰まった1冊です。
〈 目次をみる 〉
はじめに
~私たちは作りすぎている~

<第一章>
きほんの10品       
 献立は「食べたいもの」から決める 
 食材は「まごこにわやさしい」を選ぶ
 献立はこんな風に組み立てる[基本編]
 買っておくと便利な10の食材  
 味付けは「だしすせそ」で    

<第二章>       
きほんの10品の作り方と、その仲間レシピ   
 1名もなき20秒卵 
 2牛皿のような            
 3鶏もも焼き             
 4焼き魚のさっと煮           
 5赤と白のスープ                          
 6ほったらかし野菜炒め         
 7切るだけサラダ            
 8飲みたい酢の物            
 9刺身まぜ寿司            
 10炊き込みごはん            
献立はこんな風に組み立てる[応用編]

<第三章>
時間をどう使うか
 朝10分の「ちょい仕込み」/ 「帰宅後30分」の段取り / 宅配に頼る            
 困ったときの緊急ストック/時間を作り出すための7つのルール 

<第四章>
料理を整える基本         
 朝食はあえて同じものを/調味料の選び方/器を迎える、手放す                 
 料理の道具[毎日使うもの]/料理の道具[あると便利なもの]     

<第五章>
遊ぶように作る            
 週末の麺/ごちそう鍋/なんてことないおやつ/季節を楽しむ             
 記念日のごはん/芝生で食べる/友をもてなす/お酒のあて               

<第六章>
暮らしのはなし               

あとがき                  
料理索引  

レビューを見る(ネタバレを含む場合があります)>>

1冊目の本を読んで、すごく好き!と感じました。お料理のセンスや小気味好い文章、やはり買って間違いはありませんでした。実家の母にも薦めます。(30代 女性) 2019.10.20

あなたにオススメ!

  • 切りおき
  • ポリ袋で作る お弁当レシピ
  • 全部レンチン! やせるおかず…
  • しょうが女神の簡単おつまみ1…
  • 重ね煮レシピ100
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ