SUPER! YA

消えたヴァイオリン

消えたヴァイオリン
ためし読み
定価
本体1500円+税
発売日
判型/頁
B6版/368
ISBN
9784092905641
〈 書籍の内容 〉
スリルと冒険のつまった感動ミステリー
18世紀、音楽の都ウィーンを舞台にした、歴史ミステリ-。クリスマスイブの演奏会の帰り、音楽家ハイドンの楽団ヴァイオリニストが、突然、何者かに殺される。そして、大切にしていたヴァイオリンが、消えてしまった。このヴァイオリニストの娘テレジアは、身重の母と年若い弟とともに取り残され、悲しみにくれるが、どうして、こんなことになったのか、父の死の真実を知ろうと決意する。そして、父の死体を運んできた友人に、現場に連れて行ってくれるように頼む。そこは、ロマの集落の近くで、普通の人は、めったに立ち寄らない場所だった。なぜ父は、こんなところに来ていたのか……。謎は、深まるばかりだった。
登場する音楽家ハイドンは、交響曲の父とも呼ばれる作曲家。また、他にも、エステルハージ侯爵、女帝マリア・テレジア、皇女マリア・エレザベートなど、実在の歴史上の人物が多く登場し、フランス革命前の激動の時代を背景に、臨場感あふれ、読者を引きつけて放さない。しかも、歴史に基づいたストーリーでありながら、歴史的背景を知らなくてもすんなり楽しめるのは、主人公のテレジアが、時代を超えて愛される魅力あふれる少女だからといえるだろう。
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
アメリカで、出版されるやいなや、各書評誌で取り上げられ、書評サイトに、読者の絶賛の声があふれ出しました。「“音楽、ミステリー、ロマンス"ドキドキするすべての要素がつまっている」。「こんなに興奮した本は、初めて!」。アメリカのティーンが夢中になった一冊です。

あなたにオススメ!

  • ピーチズ★卒業
  • ストラヴァガンザ 仮面の都 …
  • マザーランドの月
  • ストラヴァガンザ 星の都 下
  • プーさんの森にかえる
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ