夏に泳ぐ緑のクジラ

夏に泳ぐ緑のクジラ
定価
本体1400円+税
発売日
判型/頁
B6判/208
ISBN
9784092897724

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2019/07/24
形式
ePub
〈 書籍の内容 〉
孤独を好物にする“つちんこ"と少女の物語
母の離婚をきっかけに祖母の住む離島に預けられることになる少女。そこは、毎年夏になると家族で出かけた思い出の多い島だ。
複雑な思いをかかえて、島に降り立つと、
「シャッ、シャッ、シャッ、シャッ」
無気味な笑い声を立てて、つちこんこが、現れた。
「もしかしておいらのこと、見えてるのか?」

どこからともなくやってくる“つちんこ"。
「あなた、ナニモノなの?」
「うーーん、おいら、ナニモノなのか……」

孤独につぶれそうになっている子どもの前にだけ現れるのが、座敷童ならぬ“つちんこ"だ。

家族のことで不安な気持ちをかかえる少女と、うさんくさいつちんことの、不思議な物語。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
思春期の少女たちにぜひ読んでほしい一冊。
〈 目次をみる 〉
もくじ

1 見なきゃよかった
2 おいら、つちんこ
3 泣いても解決しない
4 泳ぐのに適していない場所
5 フラッシュバック
6 消えたカイとつちんこ
7 つちんこ伝説
8 対決
9 お京が自分で決めた場所
10 シオサイは泣いてない
〈 電子版情報 〉
夏に泳ぐ緑のクジラ
Jp-e : 092897720000d0000000
孤独を好物にする“つちんこ"と少女の物語。

母の離婚をきっかけに祖母の住む離島に預けられることになる少女。そこは、毎年夏になると家族で出かけた思い出の多い島だ。
複雑な思いをかかえて、島に降り立つと、
「シャッ、シャッ、シャッ、シャッ」
無気味な笑い声を立てて、つちこんこが、現れた。
「もしかしておいらのこと、見えてるのか?」

どこからともなくやってくる“つちんこ"。
「あなた、ナニモノなの?」
「うーーん、おいら、ナニモノなのか……」

孤独につぶれそうになっている子どもの前にだけ現れるのが、座敷童ならぬ“つちんこ"だ。

家族のことで不安な気持ちをかかえる少女と、うさんくさいつちんことの、不思議な物語。

あなたにオススメ!

  • 小さな可能性
  • こんとんじいちゃんの裏庭
  • ひいな
  • 金魚たちの放課後
  • 迷子のアリたち
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ