八月の光 失われた声に耳をすませて

八月の光 失われた声に耳をすませて
定価
本体1,400円+税
発売日
判型/頁
B6判/256
ISBN
9784092897564
〈 書籍の内容 〉
失われた声を拾い上げ祈りを込めた短編連作
広島原爆投下を生き延びた人々の物語として2012年に児童単行本として発表された『八月の光』は、多くの人の心を打ち、評価の高い作品でした。そして、2編を加えて小学館文庫化されました。このたび、著者の意向で、さらに新たに2編書き下ろしを加えて、7編の短編連作として児童向けに出版いたします。

名前だけでしかない人があり、名前すら残らなかった人があります。ヒロシマの物語を書くということは、あるいは読むということも、そのような人びとの「失われた声」に耳をすませることなのだと私は考えています(作者あとがきから)。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
不穏な空気に満ちた世界情勢の中、忘れてはいけない、目をそらしてはいけない。作者の祈りのこもった、それぞれの物語です。
〈 目次をみる 〉
もくじ≫≫

石の記憶


雛の顔


銀杏のお重


水の緘黙


八重ねえちゃん


三つ目の橋


カンナ――あなたへの手紙

あなたにオススメ!

  • 八月の光・あとかた
  • ひいな
  • こんとんじいちゃんの裏庭
  • 月にハミング
  • はるき悦巳短編全集 力道山が…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ