天国にとどけ! ホームラン

3.11を乗りこえて、バッティングセンターを作った父子の物語

天国にとどけ! ホームラン
ためし読み
定価
本体1400円+税
発売日
判型/頁
A5判変/144
ISBN
9784092897472
〈 書籍の内容 〉
生きる勇気を持てる感動物語
2011年3月11日。家族を襲った突然の悲劇。この日、すべてが変わってしまった。ゼロからの出発。
地震の後、会社にいた家族は、車でいち早く避難したが、行方不明。千葉清英さんは、会社の後片付けをしているうちに津波にのまれ、必死に橋の欄干にしがみついて九死に一生を得る。学校に行っていた瑛太くんは、校舎が流されなかったので、そのまま避難していて助かった。
すべてを失った2人―-。
野球少年の瑛太くんを元気づけるために、隣町のバッティングセンターに連れていくドライブの間が、親子の唯一の楽しい時間だった。

公園や、学校の校庭は、仮設住宅でつぶされてしまい、野球する場所はどこにもなかったのだ。
「ぼくだけでなく、友だちもいっしょに、思いっきり野球したい」
瑛太くんの言葉に、お父さんは、街にバッティングセンターを作ろうと奮闘することになる。

2人の夢は、いつしか街の人たち、みんなの夢になっていく。
いくつもの困難を乗りこえて、夢を実現した親子の物語。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
大変な困難と絶望に打ち勝ち、夢を実現した親子の物語は、感動と、生きる勇気を読者に届けてくれます。
物語にも登場する、侍ジャパン代表監督小久保裕紀さんから、オビコメントをいただきました。
実話をもとに物語に書き起こしたノンフィクションは、読む人に強い感動をもたらします。
夢は、持つだけでは、意味がない、かなえるものなんだと、強く訴えかけてきます。
舞台となった気仙沼は、まだまだ復興が進んでおりません。荒れた土地を整備し、住居を整えて、少しずつ前進していますが、それだけで良いのでしょうか? 真の復興とは、何か、心の復興こそ大事なのではないか? あらためて考えさせられる一冊です。
〈 目次をみる 〉
もくじ

(1)津波がせまる!
(2)マグニチュード9・0
(3)校舎の三階へ
(4)避難所めぐり
(5)家族との別れ
(6)ゼロからの再出発
(7)瑛太くんの夢
(8)小久保選手からのおくり物
(9)希望ののむヨーグルト
(10)ヤフー球場へ
(11)始球式でマウンドへ         
(12)被災地支援物産展へ
(13)アイディアを出しあう
(14)バッティングセンター
(15)夢はかなえるもの


あなたにオススメ!

  • 小さな可能性
  • いつか帰りたい ぼくのふるさ…
  • サケが帰ってきた!
  • 世界を7で数えたら
  • 復興ごはん
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ

SUNMONTUEWEDTHUFRISAT
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728