ビッグ・コロタン

ドラえもん科学ワールド ーミクロの世界ー

ドラえもん科学ワールド ーミクロの世界ー
ためし読み
定価
935円(税込)
発売日
判型/頁
B6判/212
ISBN
9784092591356

電子版情報

価格
各販売サイトでご確認ください
配信日
2021/05/28
形式
ePub
全巻を見る
〈 書籍の内容 〉
ドラえもんを読んで、極小の世界を知ろう!
「ドラえもん科学ワールド」シリーズは、まんが・ドラえもんを読みながら、最新科学を学べる学習書です。本書は10冊目となります。
 望遠鏡が発明されて、宇宙のようすがわかってきたのと同様に、顕微鏡が発明されてから、肉眼では見えない小さな世界のことが研究されてきました。現在では宇宙と同様、レンズを通して見る限界よりもさらに小さな世界の研究が進んでいます。 生物は微生物に始まり、DNAの世界まで、さらにもっと小さな分子、原子、元素、素粒子というところまでさかのぼります。
 原子の大きさは想像しにくいのですが、地球の大きさとピンポン玉の大きさを比べると、ピンポン玉と原子の大きさは同じ比率のもの、ということでどれだけ小さなものか想像できます。
 さらにはるかに小さい素粒子を研究するために、数kmもの大きさの「加速器」という設備を使用していることなど、極小の世界の研究は、実は宇宙誕生の秘密まで解き明かせるという、現在の科学の最先端まで話が及びます。
 微生物や花粉を顕微鏡で見ると、とても不思議な世界が広がっていますが、さらに小さな世界まで、不思議に満ちていることを知ることができる1冊です。
 
〈 編集者からのおすすめ情報 〉
自分たちの世界をスケールダウンしていくと、まったく別な世界が広がっている感覚を味わってください。
〈 電子版情報 〉
ドラえもん科学ワールド ミクロの世界
Jp-e : 092591350000d0000000
【ご注意】※お使いの端末によっては、一部読みづらい場合がございます。お手持ちの端末で立ち読みファイルをご確認いただくことをお勧めします。

ドラえもんを読んで、極小の世界を知ろう!

「ドラえもん科学ワールド」シリーズは、まんが・ドラえもんを読みながら、最新科学を学べる学習書です。
 望遠鏡が発明されて、宇宙のようすがわかってきたのと同様に、顕微鏡が発明されてから、肉眼では見えない小さな世界のことが研究されてきました。現在では宇宙と同様、レンズを通して見る限界よりもさらに小さな世界の研究が進んでいます。 生物は微生物に始まり、DNAの世界まで、さらにもっと小さな分子、原子、元素、素粒子というところまでさかのぼります。
 原子の大きさは想像しにくいのですが、地球の大きさとピンポン玉の大きさを比べると、ピンポン玉と原子の大きさは同じ比率のもの、ということでどれだけ小さなものか想像できます。
 さらにはるかに小さい素粒子を研究するために、数kmもの大きさの「加速器」という設備を使用していることなど、極小の世界の研究は、実は宇宙誕生の秘密まで解き明かせるという、現在の科学の最先端まで話が及びます。
 微生物や花粉を顕微鏡で見ると、とても不思議な世界が広がっていますが、さらに小さな世界まで、不思議に満ちていることを知ることができる1冊です。

※この作品はカラーが含まれます。

(底本 2014年12月発行作品)

あなたにオススメ!

  • ドラえもん社会ワールド ー古…
  • ドラえもん社会ワールド お金…
  • ドラえもん社会ワールド ー憲…
  • ドラえもん探究ワールド ネコ…
  • サイエンスコナン 元素の不思…
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ