小学館ジュニア文庫

ぜんぶ、藍色だった。

ぜんぶ、藍色だった。
定価
748円(税込)
発売日
判型/頁
新書判/194
ISBN
9784092313736
〈 書籍の内容 〉
10代に読んでほしいラブストーリー
――もしも好きな人が、AIだったら・・・・・・?

「君が私のことを忘れても、・・・・・・君ことをずっと好きでいたい」

蒼井透花、14歳。美術部員。
地味めな女子中学生。
家庭でも学校でも居場所がなく、透明な毎日をすごしていた。
けれど、ちょっと天然で不思議なイケメン男子、不二木藍が転校してきてから、透明だった透花の心はだんだんと彩られていく。
なぜなら藍は透花と同じ美術部に入り、「透明な存在」だった透花にも、毎日はなしかけてくれるからだ。
藍と毎日話すうち、透花はだんだんと藍のことが好きになっていくが、ある日、事件が起こり――・・・・・・。

すべての10代に読んでほしい、せつなすぎるラブストーリー。

〈 編集者からのおすすめ情報 〉
私も10代のころにこの小説に出逢っていたかった!

――担当編集が最初に読んだ時の、素直な感想です。
それくらい、心にグッときましたし、せつなさや心の機微が、見事に表現されている作品。
最後まで読むと、きっとまた最初から読み返したくなること間違いありません。

あなたにオススメ!

  • おはなし!コウペンちゃん
  • あの日、そらですきをみつけた
  • 九丁目の呪い花屋
  • 12歳。~すきなひとがいます…
  • 二度めの夏、二度と会えない君
同じ著者の書籍からさがす
同じジャンルの書籍からさがす

発売日でさがす一覧へ